• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 通幻禅師と竜のうろこ

ここから本文です。

通幻禅師と竜のうろこ

イラスト:禅師と竜通幻禅師というお坊さんは、「永沢寺(ようたくじ)」の開祖で、お墓の中で生まれたという。 

禅師が座禅をしている時、「迷いが晴れず苦しんでいます。助けてください。」と言う怪女が現れた。 

禅師は、「千百十一日間、ひとことも言わず線香と花と水を毎日供え、一日も休むでない。」と教えた。 

女はそのとおり通い続けて、満願の日となった。禅師の呪文と一喝で、女は元の大きな竜となった。 

お礼に脇腹からうろこを抜き、「千ばつの時、このうろこに蛇淋水(じゃもくすい)をかけて雨乞いをしてください。きっと雨を降らせてしんぜます。」と言って空高く飛び去っていった。 


イラスト:岩本芳子
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?