• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 十倉城異変

ここから本文です。

十倉城異変

イラスト:十倉城主道賀とその奥方の亡霊

時の十倉城主・森本道賀(みちが)は、奥方を赤松氏の一族から迎えていた。 

そのうち「奥方は敵方の回し者らしい」という噂が広まった。無実の疑いをかけられた奥方は強く否定したが、逆上した道賀は奥方の首をはね、首と胴を別々に埋めた。 

その後、首塚や館に亡霊が出はじめた。奥方の夢にうなされ自分の仕打ちを悔いた道賀は、首と胴を一緒にして丁寧に弔(とむら)った。 

それからは亡霊が出なくなり、もとの平和な十倉に戻ったという。 

イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?