• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 高売布神社の神様と社号石

ここから本文です。

高売布神社の神様と社号石

高売布イラスト

下照姫と天雅彦
高皇産霊神は大国主命にこの里を天つ国に譲るように命じる為、天雅彦命を使いに出した。高平の里におりた天雅彦命はその里の下照姫に心を奪われた。役目の事をすっかり忘れて夫婦になり8年が過ぎた頃、天雅彦命は、怒った高皇産霊神に矢を討たれ、命を落とした。後世、里人は高売布神社に下照姫と天雅彦をまつることにした。





社号石イラスト

社号石
高平の里は源満仲が川西の多田荘を治めていた時の支配下です。満仲は高売布神社を荘園北部の鎮守としました。八代将軍徳川吉宗の頃、祭神が同じなのに神社名が違う所には社号石が準備され、高平の里は「高売布社」の社号石を頂きました。

イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?