• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 酒滴のお水

ここから本文です。

酒滴のお水

イラスト:村人が水を飲んでいる様子

藍本の酒滴(さかたれ)神社の裏山に岩辻山という大きな岩山がある。昔、その岩の間から"霊水"と呼ばれる清水が湧いていた。

平安時代、はやり病で死ぬ者が多かった。「病を治すには岩辻山の霊水を飲むのがよい」という霊言が広まった。村人達の病はこの水ですぐに治ったらしい。

都にも病が広まり、時のみかどは霊水を取り寄せられ、病人に飲ませると不思議と治ったという。そこで社を建て 「酒滴神社」と命名した。

室町時代にもはやり病があって、将軍も霊水を飲んで助かったという。妊婦が飲むと、親子とも病い知らずになるとも言われている。

この霊水は「酒清水」と呼ばれて、諸国に広まっていったそうな。

イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?