• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 大船山と大舟寺

ここから本文です。

大船山と大舟寺

イラスト:大きなカヤの木

標高653mある大船山は、波豆川や高平の谷のどこから見ても威厳のある山です。この山には、いく人ものえらいお坊さんが、船に乗ってやってきて、修行をしたそうです。なかでも日羅上人はこの山で修行を続け、雨つゆをしのぐ、小屋を建てたそうです。それを「舟寺」といい、大舟寺の始まりと伝えられています。
 境内には大きなカヤの木があります。高さ20メートル、根回り8メートルにもなります。根元の少し上から幹が三つに分かれて立ち上がっているので「三宝のカヤ」と呼ばれて、寺の宝になっています。





イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?