• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 猫間中納言と母子草

ここから本文です。

猫間中納言と母子草

イラスト:花を摘んでいる母子

遠い昔、舒明(じょめい)天皇が有間(有馬)温泉に湯治(とうじ)に来ておられた時、羽束(はつか)山の観音様に猫間中納言定頼を代参された。

するとたちまち、みかどの病気が治った。そこでみかどは、羽束の里と近在の土地を中納言に与え、中納言は鷹原(今の母子)に住んだ。

ある春のこと、道端にかれんな黄色い小粒の花を見つけ、みかどに献上した。大層(たいそう)お喜びになられたので、毎年献上することとなった。

この草花は「奉公草」と呼ばれるようになった。何年かして中納言は世を去ったが、奥方と姫は、続けて献上した。

みかどは、ありし日の中納言母子を懐かしく思い出された。その後、奉公草を「母子草」とも言われるようになり、この土地(鷹原)を「母子」と呼ばれるようになったと伝えられている。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?