• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 雨乞いの百石踊り

ここから本文です。

雨乞いの百石踊り

駒宇佐八幡神社では毎年11月23日に百石踊りを奉納しています。百石踊りの名は1回踊ると百石の費用が必要から名づけられました。文亀三年(1503)の大干ばつの際、元信というお坊さんが村人達のために駒宇佐八幡神社の杜にこもり七日七夜祈りました。2日目の夜、多くの小男小女が現れ踊る夢をみました。元信が夢からさめると雨が3日間も降り続き、村人は大そう喜びました。そこで村人たちは、元信が夢にみた踊りを踊って雨乞い祈願成就の願解きをしたのです。その後、雨乞い祈願の踊りとして現在に伝えられています。

百石踊りイラスト



イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?