• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 松ノ坂の甚五郎ぎつね

ここから本文です。

松ノ坂の甚五郎ぎつね

イラスト:2匹のきつねが抱き合ってよろこんでいる様子

昔、長坂の松ノ坂に「甚五郎」という雄ぎつね、井ノ草の城が谷に「おさよ」、四ツ辻の千本に「こじろ」という雌ぎつねが住んでいた。
周辺の山々にはたくさんのきつねが住み、年に一度の稲荷大祭の夜、松ノ坂で化け比べ大会を行っていた。

「おさよ」と「こじろ」も年々腕を上げたが、どちらも頭領の甚五郎に心を寄せ、反目(はんもく)するようになった。

五郎は胸を痛め、二匹を仲直りさせる努力をし、三年目の稲荷大祭では、磨いた腕を披露させた。そして、互いに相手の腕前をほめ合って仲直りさせるのだった。

満月を見ながら、甚五郎は、喜びの涙を流すのだった。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?