• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 閻魔王宮から持ち帰った曼荼羅

ここから本文です。

閻魔王宮から持ち帰った曼荼羅

下槻瀬の蓮華寺には尊恵上人にまつわる曼荼羅とお経・数珠が大切に納められています。  
 尊恵上人がある晩、閻魔大王から大法会に招かれます。皆は上人が地獄から帰ってこれないかもしれないと心配しましたが、仏の世界をしるした曼荼羅・お経・数珠を持って向かいました。
 閻魔大王と対決しましたが、人々の信頼を得ている上人は、生き返りました。その後地獄で「平清盛は、えらいお坊さんの生まれ変わりである。」と聞いたことが清盛に伝わり、ほうびをもらいました。閻魔王宮から持ち帰った曼荼羅とお経水晶の数珠は上人が亡くなったのち、蓮華寺に伝えられました。

閻魔イラスト



イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?