• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 迷子になった墓石

ここから本文です。

迷子になった墓石

イラスト:お坊さんが墓石の前に座り込んでいる様子

九鬼(くき)の殿さんが、志摩の国から三田へお国替えになった時の話。 

九鬼の母御(ははご)の墓石を積んだ牛車が、列から大変遅れてしまい、 やっとのことで、三田にたどり着いた。

心月院と間違えて、正覚寺に着いてしまった。 家老はあわてて正覚寺から運び出そうとしたが、坊さんはガンとして持ち出しを許さなかった。

家老と坊さんは論争となった。 坊さんは山門にすわり込み、「どうしても運び出すなら、わしの首をはねてから持ち出せ。」と大声。 

さしもの家老もいたし方なく、墓石を置くことにした。 

それで九鬼氏の墓は二ヶ所に分かれ、法要の時は、前日に正覚寺へお参りし、 当日に心月院で営まれることとなった。 


イラスト:岩本芳子
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?