• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 美宇和王と大日堂

ここから本文です。

美宇和王と大日堂

イラスト:皇子と苅姫

中大兄皇子が中臣鎌足と黒郷の黒川雄宇戸(おうと)の家に逗留(とうりゅう)された。 

雄宇戸の娘苅姫は皇子の子を身ごもったが、皇子は都へ帰られることになった。 

生まれる子への短刀を置いていかれた。やがて生まれた男子は「美宇和王」と名付けられた。 

苅姫は産後すぐに、美宇和王も翌年亡くなった。 

それから四百年後、花山法皇がこの話を聞かれて、自ら大日如来を彫られ、ねんごろに二人の菩提をとむらわれたという。 

そのお堂を「大日堂(だいにちどう)」と呼んでいる。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?