• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 虚空蔵山の蛇々物語

ここから本文です。

虚空蔵山の蛇々物語

蛇々イラスト

藍本の虚空蔵山の中ほどに「虚空蔵さん」と呼ばれるお寺があります。ある年、干ばつが続き困った村人達が「虚空蔵さん」で雨乞いすると大きな黒い蛇と白い蛇が現われ、雨が降ってきました。この様子を見ていた二人の村人も幸せになり、この事から「黒蛇、白蛇に出会うと幸せになる。」と言い伝えられるようになりました。

藍の虚空蔵山に蛇がおるじゃげな、うそじゃげな、ほんとじゃげな、
どうじゃげな

イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?