• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 貴志のゴロジロ池とオナギ池

ここから本文です。

貴志のゴロジロ池とオナギ池

イラスト:村人たちが手を合わせている様子

今のウッディタウンの辺りは、かつては谷あいで「農山(のやま)」と言っていた。 

貴志(きし)の川添いの田は、弥生時代より稲作が始められていたが、水は溜め池に頼っていた。 

日照りが続くと、すぐ水は枯れてしまった。 

そこで、鎌倉時代の終わり頃の豪族、貴志五郎四郎義氏が谷間をせき止め、二つの大きな池を作らせた。 

そのおかげで水に困ることもなくなって、いつも米はよくできた。 

村人たちは五郎四郎夫妻の恩を忘れまいと感謝の心をこめて、「五郎四郎(ごろじろ)池」「御内儀(おなぎ)池」と呼ぶようになった。 

現在では、池は埋められてニュータウンとなっている。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?