• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 花山院と十二妃の墓

ここから本文です。

花山院と十二妃の墓

イラスト:尼が琴を弾いている様子

第65代花山(かざん)天皇は、19才で皇位を去り、仏門に入り法皇となられた。 

そして、三十三ヶ所の霊場(れいじょう)をまわり、ここ三田の紫雲山(しうんざん)で隠遁(いんとん)されたので、この寺を花山院と呼ぶようになった。 

京(みやこ)の女官11人は、法皇を慕って花山院を訪ねたが、女人禁制の為、尼となって山のふもとに住んだ。 

尼達は、坂を登って、これ以上立ち入れない所で琴を弾いて法皇をおなぐさめした。 

それでこの参道の坂を、「琴弾坂(ことひきざか)」と言うようになった。 

また、いつの頃からか定かでないが、この地を「尼寺(にんじ)」と呼ぶようになった。 

尼寺の中央の丘に、妃の弘徽殿(こきでん)祇子と11人の女官の墓がある。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?