• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 香下の観音さん

ここから本文です。

香下の観音さん

イラスト:日羅上人と観音菩薩像

日羅上人はお告げを信じて、すばらしい香りのする木を探し当て、観音菩薩像を彫りました。かぐわしい香りは山すその村々まで漂い、以来この地を「香下」といい、寺を「香下寺」といいます。
帝が病の治療のため有馬へ湯治にこられた時、使者を菩薩様のお参りに遣わしました。帝はたいそう元気になり国もよく治まったといわれています。
その後、観音信仰が盛んになり、「香下の観音さん」と呼ばれ、多くの人がお参りするようになったということです。

イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?