• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 末の観音さん

ここから本文です。

末の観音さん

イラスト:池の中から観音さんが現れた様子

千丈寺山の麓(ふもと)の松林寺に、一木造りの観音さんが祀られていた。

戦国時代、明智光秀が来て、寺に火を放った。坊さんは猛火の中から観音さんを救い出し、大きな池の堤まで来て我に返った。

大した怪我もないのに気付き、「これは観音様のおかげだ。極楽のような色の池の中で、しばらくの間休んでいただこう。」と、観音さんを池に沈めた。

それから後になって、池の魚を取ったり、泳いだりすると、きまってお腹が痛み苦しんだ。不思議に思った村人達が池を干してみると、泥の中からみごとな観音さんが現れた。

丁寧に洗ってお堂を建ててお祀りした。それ以来、村はだんだん豊かになっていったという。 


イラスト:岩本芳子
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?