• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 次郎兵衛淵の大蛇

ここから本文です。

次郎兵衛淵の大蛇

次郎兵衛淵の大蛇イラスト

井ノ草と長坂の間の川に次郎兵衛淵という大きな淵があり、田んぼの水路として「とゆ」がかけられていました。ある時、田んぼに突然水が来なくなり見に行くと大きな大蛇がとゆに引っかかっていました。村人は退治しようとしたのですが、恐ろしくなってやめました。するとまもなく大雨になり、田んぼが浸かりそうになったときに大蛇が水路にうずくまり、田畑が守られたのです。もしかしたら、この大蛇は村の困難を助けようとやってきた神様の使いかもしれないと、村人たちはありがたがりました。

イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?