• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 井沢のたてわら様

ここから本文です。

井沢のたてわら様

たてわらイラスト

井沢あたりは洪水や水不足に悩まされていました。
ある年、大洪水になり何日かして水が引いた後にぽつんと藁で編んだ「たて」が残っていました。中を覗くと小さな神様がいました。そこで「たてわら様」と呼び氏神様として大切にまつりました。
 大雨が降るので、村人がお社を高い所に移したところ、村に恐ろしい疫病が流行りました。占師は「たてわら様が元の場所に戻してほしいと言っている」と言いました。村人は元の場所に立派なお社を建ててまつりました。
 井沢のたてわら様は氏神春日神社として今も大切にまつられています。

イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?