• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 白馬空を行く

ここから本文です。

白馬空を行く

イラスト:神童子が白馬に乗っている様子

昔、豊前国宇佐(大分県)の菱潟地に神童子が現れ、「我こそは、八幡大菩薩である。どんなことでもできる神通力を持っている。」と言って白馬に飛び乗り、八流(はちる)の幡をなびかせ東の空をかけ廻っていた。

ここ摂津の有馬郡本庄の上空を飛んでいると、下から紫色の雲が昇って来た。童子はここは絶好の地と舞い降りた。

そして、「我こそは宇佐八幡の大神なるぞ!」と大音声(だいおんじょう)をあげた。

村人は大変おどろき、また、よろこびました。宇佐から駒で来られたというので「駒宇佐八幡神社」としておまつりした。

村には「大音所(おおおんじょ)」「幡尻(はたじり)」「弊島(へいのしま)」「幡石(はたいし)」「鈴石(すずいし)」など、字名(あざな)がある。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?