• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 大日さんと村人たち

ここから本文です。

大日さんと村人たち

昔、日羅上人の夢枕に仏様が現れ、三国の境にある霊木に仏を彫りお経をとなえよと告げた。上人は摂津・播磨・丹波の境へ入り、霊木を見つけ出し、上内神の永禅寺谷にある天薬寺で大日如来と薬師如来を彫った。戦乱の世になり天薬寺が焼かれた時には如来様は山の中に隠していた。その山を大日山と呼ぶようになった。豊臣秀吉が有馬へ向かう途中、この大日如来さまを参拝され、お堂を建てるように指示され、大日堂が建った。村人たちは「大日さん」と呼び大切にしている。

大日イラスト



イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?