• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 「手話でつながろう~手話を学んでみませんか?」(平成30年度三田市手話教室)

ここから本文です。

「手話でつながろう~手話を学んでみませんか?」(平成30年度三田市手話教室)

手話は、音声言語である日本語とは異なり、手指や体の動き、表情などを使って視覚的に表す言語です。

また、手話は、聴覚障害者(聞こえない人・聞こえにくい人)だけのものではなく、すべての市民にとって大切なコミュニケーション手段の一つです。

市では「三田市みんなの手話言語条例」に基づき、手話への理解・啓発と普及を図るため、「手話でつながろう」と題して下記のとおり手話教室を行います。

みなさん、「手話を学んでみませんか?」

 難聴者のための手話教室~手話にチャレンジ!!~

聞こえにくいことで家族やまわりの人との会話に困っていませんか?

この講習会では、難聴・中途失聴について知り、コミュニケーション方法の一つである手話を学びます。

難聴者・中途失聴者、その家族、知り合い、友人など一緒に手話を学び交流してみませんか?

聞こえにくい人への接し方で悩んでいる人も、お申し込みいただけます。

日時:平成30年10月25日・11月1日・8日木曜日 午後1時30分から午後4時 (受付 午後1時15分から午後1時30分) 全3回

場所:三田市総合福祉保健センター 2階 講座室

内容(1) 聴覚障害について

        (2) 日常生活で役立つ手話

        (3) コミュニケーションを支援するサービスについて

対象者:市内在住・在学・在勤の難聴者・中途失聴者、その家族、関係者など

※平成29年度に参加された方も受講できます

※障害者手帳の有無は問いません

受講料:無料

定員:20人(申し込み多数の場合は抽選)

情報保障:要約筆記※1とヒアリングループ※2がつきます

※1 要約筆記 話の内容を文字にして伝えます

※2  ヒアリングループ マイクからの音声が直接補聴器を通して耳に入るので、雑音なくクリアに聞こえます

(注意)補聴器にTコイル(Tモード)の切り替えスイッチ又はTコイルを利用できるプログラムが付いている必要があります

申込方法:下記の申込用紙に記入し、持参・eメール(syogai_u@city.sanda.lg.jp)・ファクス・郵送で申し込みしてください。申込用紙は、障害福祉課・総合福祉保健センター・各市民センター・まちづくり協働センター・図書館などにも設置しています。

申込締切:10月11日木曜日 午後5時まで (抽選結果は、郵送にてご連絡させていただきます)

 

 こども手話教室「手話にチャレンジ!!」 ※H30は募集を終了しました

みんな、手話って知ってる?

手話は、聞こえない人・聞こえにくい人が手や表情などを使って伝える言葉なんだ。

楽しいからチャレンジしてみて!

 

教室

日時(各全3回)

会場

A

7月7日・14日・21日

いずれも土曜午前10時~12時

広野市民センター

B

7月26日・8月2日・9日

いずれも木曜午前10時~12時

ウッディタウン市民センター

定員:各教室24人(申し込み多数の場合は抽選、抽選の結果は6月下旬ごろに郵送でお知らせします)

受講料:無料

対象:市内在住・在学の小学生で初めて手話教室に参加する人

申込方法:下記の申込用紙に記入し、持参、ファクス、郵送、eメール(syogai_u@city.sanda.lg.jp)で申し込んでください

申込締切:6月20日水曜日 午後5時必着

※申込用紙は、障害福祉課・各市民センターなどにも設置しています。また、三田市立の小学校でも配布します。

さんたくん手話画像

 

特によくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部福祉推進室障害福祉課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5075

ファクス番号:079-562-1294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?